業務案内
業務案内

 業務案内                          

倉永事務所のホームページへようこそ。
社会保険労務士は労働保険・社会保険などにおける手続き代行及びその相談業務、労務管理のご相談に対し、適切なアドバイスを行い問題解決のお手伝いをします

【顧問業務】

 業務を顧問契約により継続的に委託します(原則1年の自動更新)

本業の妨げになる書類作成業務や役所への提出は、当事務所が代行して行います。アウトソーシングをすることにより業務に専念できます。

 

おもな業務内容

 労務、経営、人に関するお悩み、相談に対応します

 適切な雇用関係助成金の情報提供

 ニュースレターの発行(月1,2回)

 社員の入社、退社時の社会保険、雇用保険の手続き

 育児介護休業休暇、高年齢継続給付の申請 等


 月額顧問報酬額

 

従業員数

総合顧問

労務相談顧問

4人以下

5人〜9人

10人〜14人

15人〜19人

20人〜29人

30人〜49人

50人〜69人

70人〜99人

100人〜

20,000円

30,000円

40,000円

50,000円

60,000円

70,000円

80,000円

100,000円

別途協議の上決定

10,000

15,000円

20,000円

25,000円

30,000円

35,000円

40,000円

50,000円

別途協議の上決定

 

 
 ※総合顧問は社会保険、労働保険等、手続き代行業務を含む顧問契約です
 ※労務相談顧問は手続き代行業務を含まない顧問契約です


【給与計算業務】

 給与計算は毎月行う重要な業務ですが、計算の間違いは社員の信用をなくすだけでなく、余計な仕事を増やしてしまいます。

残業代の計算方法、雇用保険料の計算、社会保険料の控除等、広範囲にわたる知識が必要です。

 

以下のようなお悩みがあればアウトソーシングすることをおすすめします。

  毎月給与計算業務に時間をとられ1日つぶれてしまう

 計算方法が間違っていないか心配

 役員報酬など社員に見せられない部分がある

 法改正に対応するのが面倒

 月額報酬

  原則、顧問報酬月額+5,000円


【就業規則の作成、変更】

 従業員は労働基準法で守られていますが、経営者を守る法律はありません。会社独自のルールとして就業規則を整備することにより、会社の不利益を防止することが出来ます。

また、従業員にとっても決められたルールの下で安心して働くことができ、適正な労務管理が可能となります。

 報酬額

 新規作成:10万円〜20万円の範囲で会社の規模、規定数に応じてご相談により決めさせていただきます

 変更、追加:2万円〜5万円の範囲でご相談により決めさせていただきます



【助成金の申請業務】

 雇用関係の助成金は、要件に該当すれば支給され使い途が自由で返済する必要がありません。資金繰りの手段として利用出来ますが、種類が多く要件に該当するかどうかを判断するためには知識も必要で、一部の会社しか利用していないのが実態です。

助成金を受給するためには、適正な労務管理が行われていることが前提としてありますので、従業員の定着率の向上にもつながります。

 報酬額

 受給額の20%(相談は無料です)

 

 

 

お問合せ
倉永社会保険労務士事務所
880-0805
宮崎市橘通東2丁目1-1 SKビル21 3F
TEL:0985-74-9166

メールでのお問合せ